腰痛・肩こり等の不快な症状は 気持ちよさで解消。操体は気持ちよさで身心のバランスを整えます

一日一回

日々の生活の中でどうしても溜まってしまうのがストレスです。
ストレスが体や心に緊張を作ります
このストレスを溜めずに上手に発散していくことが健康への近道と言えるでしょう。

 ストレスを解消する為の方法、それは一日に最低一度 は『気持ちの良い時間 』を作ると言うことです。
体が「快適だなぁ、心地良いなぁ」と感じている時は心も(精神)同じように感じています。
心地良いなぁと感じると体から緊張が取れリラックスしてきます。
体が緩めば心も緩みます、心が緩むと次の日の活力となって力がみなぎってきます。
体の中の深い所までリラックスできれば、血管も緩み血の流れも良くなります。
そして自律神経のバランスも整ってきます。

その方法は何でも構いません、操体でも良いですし、音楽でもアロマテラピーのような香りでもストレッチでも良いでしょう。
要するに気持ち良さを感じる事を追求していく事が「操体」なのですから、乱暴な言い方をしてしまえば音楽も香りもストレッチも不快感を感じずに「快感覚」のみを求めていくものは全てが操体(操体的思想)なのです。
こんな事を言うと他療法の先生方にお叱りを受けてしまうかもしれませんが、私個人はそう思っています。

そして気持ちの良さを求める動きとして発展してきた操体の動きこそが最も体と心のリラックスにアプローチしやすいものと自負しています。

今のご自分の生活をちょっと振り返ってみてください、気持ちの良い時間を作っていますか?

前のページへ戻る