操体 その2

操体の出来た経緯

操体(操体法)は仙台の医師 橋本 敬三 先生(1897〜1993)が、日本に古くから伝わる正體術(せいたいじゅつ・現在の整体とはちがいます)や鍼灸等の東洋医学のエッセンス、セリエのストレス説等の近代医学の知識をも取り入れ実践と経験により体系付けられたものです。

昭和初期、橋本先生は民間の病院に勤め治療をしていました。しかし西洋医学では腰痛や肩こり等の誰にでもあるような症状・愁訴に対して思うような成果があげられず困っていました。
そしてそんな患者さん達の多くは町の鍼灸師や骨接ぎ等の民間療法に流れてしまいました。
そんな民間療法に流れていった患者さん達が、結構良くなっていると言うことを知った橋本先生は、医師と言う立場を明かし謙虚に鍼灸師等の民間療法の諸先生を招き研究を始めました。
当時の医師が民間療法に教えを請うと言うのは非常に珍しことで、民間療法の先生達は喜んで多くのことを教えてくれたようです。

そして研究の結果、身体の愁訴は西洋医学のように局所的・対症療法的に捉えるのではなく、筋骨格全体のバランスが大事であるということに気づきました。
更に様々な民間療法の根拠を探り、身体の整復には単に構造の力学的・物理的矯正では不十分であることにも気づきました。
そういった様々な民間療法の根拠を探っていく中で、一つの運動系の法則を発見します。
それが快方向へ動かすと筋骨格の異常が正常な状態に戻るという法則です。
その当時は操体あるいは操体法とは言わず、「快方向へのバック運動」「逆モーション療法」と言っていました。
そして更なる工夫・研究を重ねとして体系付けられたのが操体法(操体)です。

操体の特徴

操体の考え方、施術の基本について説明していきましょう。

息食動想と環境

人間が健康に生きていくために最低限自分の責任においてやらなければいけない事として、操体では「息・食・動・想」を4つの原則としています。 息食動想プラス環境

  • 息:呼吸 ゆったりとした呼吸
  • 食:食事 人間にとってバランスのとれた食事
  • 動:動き 法則に則った動き
  • 想:精神活動(想い) おおらかな発想

この4つは他の誰に代わってもらうことも出来ません。
そしてもう一つの大事な要素として、それら4つの原則を営む「環境」をあげています。

★環境:自分の生活環境、大きくは地球的な環境。

この4つの原則は「同時相関相補性」という関係で成り立ちます。
どれかが悪くなれば他のモノも悪くなり、どれかが良くなれば他のモノも良くなっていくという関係性です。

詳しくはこちら

症状疾患にはとらわれない

体の辛い方が一番知りたいこと、それは私の症状にはどんな操法が効くのだろう?ということではないでしょうか?
しかし、操体には症状疾患別(いわゆる腰痛に効くのはコレ、肩こりにはコレと言った類いのもの)の操法というものはありません。

例えば腰痛の場合、腰椎○番のズレや仙腸関節が原因と言うことではなく、全身のバランスを消失した結果、そこに痛みが現れていると考えます。

なぜ痛みのある部分を原因と考えないのか?
体は首・肩・腰・膝・足等の部分部分がバラバラに存在しているのではなく、全てが筋肉や腱、皮膚や血管等で繋がり一つの体として成り立っています。
したがってどこかのバランスが崩れればそれは全身に波及すると考えるのが当然といえるでしょう。
また、なぜバランスが崩れたのか?
それは先程述べた4つの原則に反した生活の結果として体のバランスを消失していくのです。

体とは全身丸ごとで一つであると考える操体では局所の痛みにとらわれず、全身のバランスを体の要求にしたがって回復させることを目的とします。
体のバランスが回復すれば本来必要のない痛みは自然と消失してくれるのです。

操体の施術

操体の臨床は、体のバランスを回復しようとする感覚(原始感覚)にゆだね、「気持ち良さ」を十分に味わうということを目的としています。
他療法の多くは、関節の可動域や骨格のズレや歪み、ツボや筋肉の張り等、主に見た目や触れた感じを指針として施術が行われます。
操体ではそう言ったモノの他に、一番重要な要素として、感覚に素直にゆだね、気持ちよさを味わうことを目的としています。
体は本来、自らバランスを取り戻そうとしているので、施術者が余計な矯正等を行う必要はありません。
自分自身の力で、最適なバランスへと回復していくのが操体の施術となります。

☆痛みは大事な警告

体には五感といわれる感覚があります。
人はその感覚を頼りに生きています。
その感覚の中で嫌われ者のような扱いを受けている感覚が「痛み(痛覚)」ではないでしょうか。
腰が痛い、首が痛いetc. なぜ痛みが必要なのでしょう?
この痛みさえなければ幸せに暮らせるのに・・・体の辛い時はそんな思いを抱いてしまうのではないでしょうか?
しかし、この痛みというものは体にとって欠かすことの出来ない大事な感覚なのです。
この痛みという感覚のお陰で人は危険を察知して注意することが出来ます。
体は「痛み」と言う形で体のバランスが悪いことを表現しています。
言葉を話せない赤ん坊が泣いて自己主張するように体は痛みで訴えているのです。

☆ 快感覚は回復の声

そして痛みが警告のサインなら、気持ち良さは体がそれを要求しているというサインです。
痛いことはやりたくない、でも気持ちの良いことなら、誰に言われずとも受け入れようと思うことでしょう。
例えば犬や猫等の動物に痛がること嫌がることをすれば、すぐに逃げてしまいます。
反対に気持ちが良いことをしている時には、離れようとはせず、むしろ体を近づけてきます。
そして、感覚が満たされた以上の行為を続けていると、それを不快に感じ、すぐに離れます。
何が必要で、何が不要なのかをちゃんと知っているのです。

☆原始感覚

原始感覚とは生き物すべてが本来持っている感覚です。
動物達はこれを食べると健康にいいとか、ここが痛いときにはこうしようといったことを考えて行動していません。
自然界に医者は存在しません。動物達を初めとする生き物達は、自分の命を自分で営んでいくしかないのです。
しかし、彼らは誰に教わることもなく自分がどうすれば快適に生きられるかを本能的に知っています。
その行動の基準になっている感覚が原始感覚です。

その感覚はなんなのか?と突き詰めて考えて行くと「快」か「不快」かを聞き分ける感覚であるといえます。
そうです、先程からでていた「気持ち良さ」と痛みに代表される「不快な感覚」が原始感覚なのです。
例えば身近なイヌやネコを見てください。彼らは自分にとって不快なものは食べず、不快な動きもしない。そして気持ちの良い食べ物は食べるし、不快を感じるものは食べません。
動き方においても同じ事が言えます、気持ち良く体を動かしています。従って無理をしない為体が大きく歪むということがありません。
そのように感覚に素直にしたがって生活しているので、しなやかな身体を保ち、元気に快適に生きているのです。

☆ 原始感覚に従う

人間もネコや犬と同じ動物ですから勿論原始感覚を持っています。 しかし人間は少し頭でっかちになってしまっていて、感覚に素直になることが難しく、理屈で考えて行動してしまいます。
感じるということを重視せず考えること、理屈を優先させてしまうのです。
知らないウチに刷りこまれている常識や価値観に無意識に縛られてしまい体からの大事な声を聞くことを忘れてしまっています。
そんな現代に生きる我々人間には感覚を素直に受け入れるということは少々難しいことなのかもしれません。
その感じるということを忘れた結果、動物達には当たり前の健康管理が、誰かに聞かなければ分からないという人任せな状態になってしまっているのです。

こちらも参考にどうぞネコに見る操体健'sNote

操体とは原点回帰

この生き物として一番大事な感覚である原始感覚(快感覚)の要求に素直に従う。
そして身体(命)のバランスを自分で調整する。
操体とは原始感覚を呼び覚まし、動物としてのバランスが崩れている今の「人間」というものを、本来の動物である「ヒト」に立ち返らせていく事の出来るものでもあります。

操体と操体法

現在、操体(SOTAI)は操体法または操体道という名で全国に広がっています。 しかし組織として統一されているわけではなく、行われている内容も様々です。
残念ながら操体という看板は同じでも、どこで受けても同じというわけには行きません。
全国でも操体だけを専門に行っているところは少なく、整骨院や療術院などで治療の一部として行われていることが一般的だと思います。
そしてその多くは操体の本質から外れ、手技療法の一つ、あるいは健康体操の一つとして行われています。
操体法とは単なる手技療法の一つではなく、操体法というテクニックがあるわけでもありません。
本来、操体法の「法」とは天地自然の法則の「法」であるのですが、治療家を中心に広まったため、いつの間にか本来の意味ではなく、療法の「法」や方法の「法」として、手技療法の一つであると解釈されてしまったようです。
そういった解釈と区別を付ける為に、息食動想を初めとする哲学までを含めて「操体」呼び、操体の中の施術に関する部分を操体法と呼んでいます。

未病・予防医学

操体は未病医学、予防医学とも呼ばれます。それはなぜでしょう。
体はある日突然病気になるのではなく、悪くなっていく順番があるのです。
突然ではなく、必ず症状の現れる前の段階があるのです。

◆病気になる順番

  1. 4つの基本原則と環境のバランス消失
  2. 体が歪む(歪体へ)
  3. 感覚異常・痛み・違和感
  4. 機能異常・半病気状態
  5. 器質異常・病名が付く

◇回復の順番

  1. 4つの基本原則と環境のバランス回復
  2. 歪みが戻る(正体へ)
  3. 感覚が正常化・痛みが消える
  4. 機能異常・回復
  5. 器質異常・正常化

一般に治療とは機能異常・器質異常まで進んでからのものですが、操体ではまず4つの原則と環境のバランスを保つ生活を心がけ、次の歪みが起きてしまった段階で調整しその先の段階まで進まないようにします。
病気になってからではなく、ならないようにすることから操体は未病・予防医学と呼ばれているのです。
「今現在どこにも痛みなど無いから私は健康だ」と思っている方、ぜひ一度操体を体験してみることをお勧めします。自分の認識と実際の体の状態の違いに驚かれる方も多いことでしょう。
健康な方が操体により日々体の調整を行っていれば、病気になどなることなく、結果的にご家庭の医療費の削減にもつながることと思います。

このページのトップヘ


ご予約はこちらから