座って行う操体

イスに座った姿勢で行う操体をご紹介します。
仕事や学校で、電車の中で、どこでも簡単に行える操法です。

首の操法

デスクワークで辛いのは、やはり腰と首周りでしょう。
首から全身へと連動させていく操体を紹介します。

やり方

首の操法 イスに座り(正座でも可)手のひらを上に向け腿の上に乗せます。
首を前後、左右、斜めと様々な方向へゆっくりと動かし、動かし易い方向や動かしにくい方向を確認します。

首の操法

気持ち良かった方向、もしくは一番動かし易かった方向へ目線からゆっくりと動いていきます。
目線から首・上半身・腰・下半身へと体の繋がりを感じてみます。
一番気持ちの良いところで十分に味わいます。

気持ち良さがなくなったら脱力します。
脱力した後の気持ち良さも味わいましょう。
もう一度やってみたいか体の要求を聞き分けます。

  • 首だけの運動にならないように注意しましょう。
  • 左右のお尻への体重移動を上手に使い全身で動きを表現してみましょう。
  • 体のつながりが分からない時は、無理に動きをつなげる必要はありません。

このページのトップヘ

座っての体捻り

やり方

座っての操法

  1. イスに座り(正座でも可)手のひらを上に向け腿の上に乗せます。
  2. 体を左右にゆっくりと捻り、左右差を確認します。
  3. 捻りやすかった方へゆっくりと体を捻っていきます。
  4. 捻る側のお尻に体重を移しながら一番気持ちの良いところまで体を操ります。
  5. 一番気持ちの良いところで十分に味わいます。
  6. 気持ち良さがなくなったら脱力。
  7. 脱力した後の気持ち良さも味わいましょう。
  8. もう一度やってみたいか体の要求を聞き分けます。

まとめ

回数の基準は“気持ち良さ”です。
体が気持良いと感じるならば何回行っても構いません。
自分の体と上手に対話し、ちょうど良い回数を行いましょう

寝て行う操体

立って行う操体へ

座って行う操体へ

このページのトップヘ


ご予約はこちらから