立って行う操体

バランスのとれた身体であれば、立っているのは実に気持ちの良いものです。
気持ち良さを十分に味わって、楽に立てる体へ戻していきましょう。

まずは楽な姿勢から

どの操法も無理な姿勢や頑張った姿勢で行っては意味がありません。
まずは身体の素直な流れを表現しやすいように、楽な姿勢をとってみましょう。

足は自然な幅に、首から足首までなるべく余分な力は抜いておきます。
膝を軽くゆるめ、目線は正面に向けて立ちます。
この姿勢から操法を行いましょう。

前屈

前屈 みなさんよく御存知の身体を前に倒す動き。
ラジオ体操やスポーツの準備体操でも良く行われている、とてもポピュラーな動きです。
この誰もが普通に行っている簡単な動き、身体の流れにゆだねて感覚を味わうと立派に身体を整える操法となるのです。

やり方

楽に立ちます。

自然な足幅で立ちます。膝は軽く緩め、肩や首の力を抜いて視線は前方へ。

首と肩を前方へ倒します。

首や肩の力を抜いて、頭を前方へ傾けます。
カラダの力はなるべくゆるめ、頭がおもりになるようにゆっくりと体を倒していきます。

上半身をぶら下げるように味わいます。

ゆっくりと無理のないところまで倒していきます。
そのまま体の流れにゆだね、じっくりと味わいます。
十分に味わったらゆっくりと元の姿勢に戻ります。
膝の力を緩めて、膝を前方へ出してあげると自然に体は起きていきます。

  • どれだけ曲がるか?が大事なのではないので、頑張って曲げる必要はありません。
  • ストレッチ感(伸ばされている感じ)がないように行いましょう。
  • 膝は必ず曲げましょう(緩めましょう)。
  • 左右に捻れたり、左右に揺れたり、自然な体の流れを表現して味わってみましょう。

このページのトップヘ

体捻り

やり方

自然な足幅で立ちます。
膝をゆるめて軽く曲げます。

体をゆったりと左右に振ります。
後ろを振り向く感じで、体重を右、左と移しながらブラ〜ン、ユラ〜ンと振ってみます。

体をねじるのではなく、振り向く感じです。
振りやすい方に意識を置き、振り向きにくい方、違和感のある方は違和感のない範囲まで。
振りやすい方が変わっても要領は同じ。無理なく左右にブラ〜ンとしてみましょう。
体が落ちつき、左右差が小さくなってきたら静かに止まります。

注意点

膝を伸ばしたままだと体重移動が上手くいかず、上半身をねじるような動きになってしまうので注意しましょう。

振り向く方の足に体重を乗せます。

体重を移動せずに上半身だけを捻る動きとは違います。

このページのトップヘ

  • 勢いをつけすぎずにゆったりと行いましょう。
  • 捻る方の足にしっかりと体重が乗るようにします。(重心の移動)
  • 捻る方と反対のカカトは床から浮くようにします。

まとめ

前屈も捻りも一日に何度やっても構いません。
ただし、「左右均等にやらねばならない」「やればやるほど効果がある」「痛いくらいやらないと効果がない」といった考え方はやめましょう。
回数の基準は「気持ち良さ」です。
体が気持良いと感じていない時は、体がその動きを要求していない時です。
自分の体と上手に対話してみましょう。

寝て行う操体

立って行う操体へ

座って行う操体へ

このページのトップヘ


ご予約はこちらから