バランスチェック

自分のカラダを知りましょう

無くて七癖と言うように、人は誰しも体に歪みという癖を持っています。
自分の体がどんな癖を持っているのか?それを知っておく事はとても大切です。
いつもとは違う癖(歪み)が出てくると、動きにくさや痛みなどを感じます。
そしてそれを知らずに、いつも通りに動いているとケガや強烈な痛みを引き起こしかねません。
普段余り意識していない自分なりの「癖」を知っておきましょう。

姿勢をみる

鏡に写す全身が映る鏡などの前に立って、自分の姿を客観的にみてみましょう。
ただし、今鏡に映っているのは、おそらく無意識に形を整えてしまっている、余所行きの自分です。 素直な自分をみるためには、少し準備が必要になります。

その場で足踏み まずは全身の力を程良く抜くために、目を閉じてその場で軽く足踏みをしてみましょう。 頑張らずに、何気なくカラダをほぐすような感じで行います。

両肩をあげて落とす 次に両肩を耳の方へ引き上げながら、ゆっくりと息を吸い込みます。フ〜ッと息を吐くのに合わせて両肩を下ろします。 ゆっくりと目を開け、鏡を見てみましょう。
全体の雰囲気を眺めた後に、いくつか細かい部位にも目を向けてみます。

自然に立ってみる1.顔の向きは?
2.両肩の高さは?
3.両肘の高さは?
4.両腕の長さや体からの離れ具合は?
5.左右の腰の高さは?
6.おへその向きは?
7.つま先の向きや足の位置は?

キチンと立っているつもりでも顔の向きが違ったり、肩の高さが違ったり、全体的にどちらかに捻れていたりしていませんか?
自分の感覚と実際の体とのギャップ、それに気付く事がカラダとの対話の第一歩です。

このページのトップヘ

普段の自分をみてみよう

日常の何気ない所作にも、体の歪みはちゃんと現れています。

服のしわ足の向き襟元の歪み ◆いつも同じ所にシワができる。 ◆襟元がずれる。 ◆スカートが捻れる。◆靴底の減り方が片寄っている。◆座るとき無意識に同じ脚の組み方をする。 ◆気がつくと何かに寄りかかっている。

人にみてもらう

鏡などを使って自分で体を見る場合、どうしても正面からしか見る事が出来ません。
しかし、後ろ姿はとても無防備に体の歪みを示しているのです。
自分ではみることができない角度を、誰かにみてもらってみましょう。

このページのトップヘ

動かしてみる

姿が歪んでいると言う事は、当然動きにも左右差が生じます。止まっている姿を鏡でチェックしてそれほど差違を感じなくても、ゆっくりと動かしてみることで動きの差を感じることが出来ます。
どんな動きで試してかまわないのですが、ここでは例として3つだけやってみます。

両手を挙げてみる ◆両手を頭上に挙げる。
軽く目を閉じ、両腕をゆっくりと頭上へ挙げてみます。
指先をピンと伸ばして、力強く動かしてはいけません。
素直な状態を知りたいので、出来るだけ力を入れず、ゆっくりと自然に止まるところまで挙げてみましょう。
自然に上げたらそのままゆっくりと目を開けて、腕の上がり方を見てみます。

片方ずつ腕を上げてみる ◆片手ずつ挙げてみる。
同じ要領で、片手ずつゆっくりと頭上に挙げてみます。
腕を上げていくときの重さやひっかかり、挙げていく体側の伸び具合などの左右差を感じてみましょう。

膝を上げてみる ◆膝を挙げてみる。
楽に立った状態から、膝を自然に挙げられるところまで片方ずつ挙げてみます。
左右の差がよく分からないときは、人に見てもらったり、挙がったところに手を軽く置いて目印にしておくといいでしょう。

これ以外にも、体を前後に曲げてみたり、左右に捻ってみたり、ゆっくりと色々な動きを試してみると、動きやすい方とそうでない方があると言う事に気がつくと思います。

まずは自分の体を知っておくことが目的

ほとんどの人は体に歪みを持っています。画に描いたようにバランスのとれている方というのは、ほぼいないと言っても良いでしょう。
たとえ体に歪みがあっても特に不調や動きにくさを感じていないのであれば、それは「間に合っている(歪んだなりにバランスを保てている)」状態なので、それほど気にする事はありません。
しかし体に痛みや不快な症状が現れているというのは、「間に合っていない(バランスを失っている)」状態なので改善する必要があります。
歪みとは言い換えれば、その人なりの体の癖。
癖と言える範囲で修まっているのならよし、その範疇を超えて不都合が出てきている時には改善が必要です。

このページのトップヘ


ご予約はこちらから