寝て行う操体

仰向け
寝転んだ姿勢で行う操体をご紹介します。
床に全身を預けることが出来るので、とてもリラックスしやすい姿勢です。

膝倒し

この膝倒しは操体では最もポピュラーなものの一つです。
ストレッチ等でもよく見掛けるポーズです。
見た目はストレッチに似ていますが、操体では部分的に伸ばすことを目的とはせず、全身の自然な流れを表現し、気持ちよさを十分に味わいます。

カラダへのゆだね方、感覚の味わい方などを表現するのはとても難しいものです。
ですからここで紹介するのは、初めての方でも分かり易いように簡潔に表現しています。
操法のほんの入口程度ではありますが、こんな簡単な事でもカラダは変化するんだと感じて頂ければ幸いです。

やり方

両膝を曲げる

1,仰向けになり、ゆっくりと両膝を曲げます。
☆膝の角度や足の幅、腕の位置や顔の向きは、その時に一番安定するところにおきましょう。
どこにも無理がなく、楽ちんなポジションではじめましょう!

ゆっくり左右に膝を倒してみる

2,両膝をゆっくりと左右に倒してみます。
例:左へゆっくり倒します。どの辺りまで無理がなく動けるかを調べます。
どこまで倒せるかがわかったら、ゆっくりと元の位置に戻ります。
真ん中でとまり、一息ついてから右側へ倒し、動きを比べてみましょう。

やりたい方へゆっくり倒します。

3,左右の違いを確認したら、やってみたい方(※)へ両膝をゆっくりと倒していきます。
※動きやすかった方、倒してみて気持ちが良かった方

このページのトップヘ

体の自然なつながりを感じながらゆっくり味わいます。

4,ゆっくりと両膝を倒し、お尻(腰)・背中・肩・腕・首と体の自然な流れを表現してみます。
気持ちよさを感じたら、動きは気にせずカラダにゆだね、その感覚を十分に味わいます。
特に気持ち良さが分からない場合は、自然に動けるところまで動いてみるだけで構いません。

脱力

5,カラダにゆだね、十分に気持ち良さを味わったら全身の力をほどきます。
全身を脱力し、床に体をゆだねてみましょう。
体の中が十分に落ち着くまで待ちます。

ゆっくり左右に膝を倒してみる

6,まだ同じ動きを味わってみたい感じが残っていればもう一度やってみます。
カラダが「もう十分」と言っていればおしまいです。
最後に動きや感覚に変化があったかをチェックしてみましょう。

このページのトップヘ

ストレッチではありません。

腰を捻るストレッチに似ていますが、ストレッチではありません。
どこかを頑張って伸ばすのではなく、全身の自然なつながりを感じてみましょう。

  • ストレッチのように「伸ばす」という意識を捨てましょう。
  • 「ゆっくり」とはこれ以上遅く動けないスピードです。
  • ゆっくり体が繋がって動いていくように流れを感じてみてください。
  • 重要なのは動く事ではなく、感覚を味わう事。
  • 回数は決めず、ご自身のカラダに聞いてみましょう。

まとめ

寝転んで行う操体は脱力後、床に溶け込んでいくような感覚が味わえると思います。
操体は体操と違います。どうやって動くのだろう?と形を気にする必要はありません。
カラダは人それぞれ違います。また同じ人でも日によって違うのが当たり前です。
生きているカラダは常に変化しているのですから、決まった形でなく、その時のカラダの流れをゆっくりと表現してみれば良いのです。
動きのイメージは「ギューッ!」「グーッ!」ではなく、「ふわ〜」「ゆら〜」あるいは「くぅ〜」という感じです。
操法は一日の中でいつやっても良いのですが、日中はなかなか寝転がることも難しいと思うので、就寝前に行いそのまま寝てしまうのがお勧めです。
反対に、寝起きに行うと気持ち良すぎて再び夢の中へ・・・という危険がありますのでご注意を。

このページのトップヘ


ご予約はこちらから